蝶々結び

P1160061 2017-01-16 7-13-19


      春の予感がやってくる前に
      今冬の雪を残しておきます。

      先週、星野源好きの友人から
      なかば強制的に渡された彼の本。
      そのあとがきに、日頃何となく思っていることが
      とても具体的に表現してあったので
      また忘れてしまわないように、ダイアリーに写しておきました。
      以下、
      「なにげない日常の中に素晴らしいものがある」 どや顔でそんなことを
      言う人は苦手です。「なにげない日常」の中には「なにげない日常」しか
      ない。素晴らしいものなんてない。その中から素晴らしさ、おもしろさを
      見いだすには、努力と根性がいります。黙ってても日常はおもしろくなっ
      てはくれない。見つめ直し、向き合って、物事を拡大し新しい解釈を加え
      て日常を改めて作成していかなきゃならない。毎日をおもしろくするのは
      自分自身だし、それをやるには必死にならなきゃ何の意味もない。
      つまり、一生懸命生きなきゃ毎日はおもしろくならないってことだ。      




     



    



      
      
      
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント