FC2ブログ

ポケットカスタネット

IMG_0981 2019-08-15 9-50-051



    僕にしてみれば、
    キミはうらやましい程に自由だった。
    言動がというよりはむしろその
    感覚だったり、発想だっだり、思考だったりの部分で。
    風貌からは気づかない周りも少なくはなかったが、
    僕にとっては多くの不思議を隠し持って生きていた。
    そんなキミが、自分とは真逆に思ったのだろう僕のことを時々
    ゛非凡なる凡人"と称してからかったのは、
    自身の不得手部分の自覚もちゃんとあったということだろう。
    その頃の僕は今思えば、何故だか窮屈そうに生きていたと思う。

    キミが去った後に出会ったこの歌は、
    そんなキミと僕のあの頃を歌っている。
    とは、一方的な僕の思い込みか。
 
    この先もしまたどこかでキミと出会うことがあるならば、
    てれないで聞いてみたいもんだと思う。
    が、果たしてどうだろうか。

    キミは多分この歌を知らない。











     
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント