true

P1150453 2015-09-28 12-35-28


     
    「人間の生活には、喜んだり怒ったり悲しんだり、
    いろいろの感情があるけれども、けれどもそれは人間の生活の
    ほんの一パーセントを占めているだけの感情で、
    あとの九十九パーセントは、ただ待って暮らしているのではないでしょうか。」
                       「 斜陽 」    太宰治

    明らかにEテレと又吉の影響で太宰の文庫本を購入。
    
    99%待ってるというのはある意味わたしにとって真理だと思います。
    それではいったい何を待っているのか?
    「幸福の足音が、廊下に聞こえるのを今か今かと胸のつぶれる思いで・・・・・」と
    貴族出身、アラサー、出戻り、の主人公のようにはいくはずもなく、
    まずいことに気づいてしまった感が否めない。

    わたしは今日いったい、何を待っているのか?
    
    








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント