new greens

P1150135 2015-04-26 13-16-023




            風が心地よくなると
            近くの公園ランチにでかける。
            靴を脱ぎ、四角いベンチに胡坐をかき
            背中に暑い陽をうける。

            空に伸びた緑が揺れる。
            遠くの声、幾多のさえずり
            駆け出すちいさな足音、土の匂いがアガル。
            ハチやらアリやらもその存在をしめす。

            そんな中に僕はひとりでいる。            
            体のすみずみまで自然の中に在る。
            五感のすべてが大きく伸びをして
            用意されたこの場所を感謝する。
            現実と背中あわせ
            今だけ100パーセント解放です。
             









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント