FC2ブログ

l e t t e r s

yokohama souko
  


    でも、僕は経験的に思うのだけれど、ひとりの人間が自分の気持ちをあるがままにしっくりと、

    十全に伝えることのできる相手にめぐり合う機会というのは驚くほど少ないのだ。

    それはたぶん奇跡とか僥倖とかに近いことかもしれない。

    一生かけて一人もそういう相手に会えないままに終わってしまうという例だって、

    たぶんいっぱいあるに違いない。

    そしておそらくそれは、世間一般に考えられている愛というものとはそれほど関係のない

    ことなのだろう。それはむしろ感応に近い状況なのだと僕は思う。

                               < Haruki Murakami 「 Man-eating cats」より>







  
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント