note

P1070484 2011-10-18 12-07-19




         セロニアス・モンクは僕がもっとも敬愛するジャズ・ピアニストだが、
         「あなたの弾く音はどうしてそんなに特別な響きをするのですか?」と
         質問されたとき、彼はピアノを指さしてこう答えた。
         「新しい音(note)なんてどこにもない。鍵盤を見てみなさい。すべて
         の音はそこに既に並んでいる。でも君がある音にしっかり意味をこめれ 
         ば、それは違った響き方をする。君がやるべきことは、本当に意味をこ 
         めた音を拾い上げることだ。」
         ”It can't be any new note. When you look at the keyboard, all
         the notes there already. But if you mean a note enough, it will
         sound different. You got to pick the notes you really mean!”

                                < 雑文集  村上春樹 >











スポンサーサイト

another side

P1070532 2011-10-18 13-03-10




         国立近代美術館工芸館庭のオブジェ。
         内側を覗いてみた。 
         外見からは想像できないスペースが広がった。










favorite place

P1070564 2011-10-18 13-25-06




          調べてみたら、”牛ヶ淵 ”という名だった。 
          イメージとは程遠く、少しがっかりしたが、
          来るたびに心が躍る場所だ。
          季節をしっかりとおしえてくれる。
          午後の人が行き交う上り坂の歩道、
          落ち葉を舞い上げた秋の風はすこしだけ冷たかった。











full bloom

DSC_0120 2007-10-21 13-04-28




         ホットカーペットをしき、
         去年壊れたパネルヒーターを買い替えた。
         冬支度にはまだすこし気が早い。
         10月3週、秋本番。 
         でも何故か、青い空に高い雲が今日も見られない。 
         
                          








  
         

eggplant

P1070261 2011-09-19 7-46-40




          家庭菜園のこのナスはきっと食べられたくないと言っています。













deep






         Salyuのアルバムを2枚発注する。
         同アーティスト、同時購入は久し振りだ。 
         何がそうさせるか。
         彼女の歌声は言うに及ばずだが、 
         ワタシのいつもの 思いこみたい、オモイイレ か。
         何かに入り込むには、カネと時間と体力がいる。
         時に、キリョクもいる。