dosen't rush home

P1060823 2011-08-10 18-27-44



        
           となり街の夕陽スポットに(個人的にそう思っているだけ) 
           ひと駅だけの電車に乗る。 
           ジットリと湿気を絡んだ太陽は
           重そうに、けだるそうに、意思をもたぬように、やがては見えなくなった。
           いつものように急いではいなかった。         












         
スポンサーサイト

the fellow

DSC_0135 2011-07-22 16-55-10




         ツレのいるカラスだった。         
         鳥でもやはり同じ ムコウ を見るのか。。。。
         2羽で来て、2羽で帰った。









a ray of hope

P1060749 2011-08-08 8-35-24




         イチルの望みのカイもなく、花は終わっていた。 
         コウレイのひとり撮影会‘11 は夏にあえなかった感。









full summer

P1060711 2011-07-05 17-55-41



         ゴロゴロ鳴っても空は明るいままで、 
         ピカッときても雨はポツリとしか落ちない。 
         今日の様なナニカにつけ中途半端な幕引きは
         夏の日、一日の終わりには向かない。
        
         この日の夕暮れは全開夏だった。