Which way are you heading ?

sakanakun 2011-03-19 14-53-05



  
          環七をまたぐ緑道のせせらぎ。
          よぉーく覗くと彼らはいる。         
          流れに逆らえば停まって見える。
          ヨウ素もセシウムも、論のそと。

          








スポンサーサイト

 サクラ。。。

DSC_0028.jpg




            今年のサクラ。
            様子がさっぱりわからない。
            明日、ハルの天気ならば、いつもの公園へ行ってみよう。         










         

look back






         岡本太郎展で、ワタシがもらった”太郎のことば”。
         『いつも危険だと思うほうに自分を賭ける。それが生き甲斐だ。』
         真逆の生き方を
         それもあり、と立ち止って、振り返ったりする。











 ハル。。。 

ハル



        ハルのゆるさは、
        少しずつ溶けだした地球のオモイかも知れない。



        

    


         

prayer-Ⅴ






       福島原発が収束の兆しをみせ、 
       毎日の余震にも慣れっこになり、
       計画停電は都心近郊をスルーし、
       TVはいつものプログラムに戻り、
       電話の着信回数も減った。 
              
       次第、次第に平常を取り戻し、
       やがては3月11日以前の日常を何事もなかったかの様に送る毎日となるのだろう。

       「それではいけない」 と思うのならば、どうすればいい。

       「自分とすればどうすればいい」 と言いながら、結局は流されることに抵抗もせず、
       そしてまた同じ生活にマヒして行く自分が見え隠れする。
       
       「そこまでわかってんだったら、何とかしなよ。」 とセイギが言った。
       






         

prayer-Ⅳ

aomizu-2.jpg




          被災者でもない、友人でもない、

        何らかのタレントを持ち合わせているわけでもない 一個人の自分。

        「がんばってください!」 じゃなくて、

        「かんばりましょう!」 って言ったって、

        ただただ、能天気な発言としか伝わらないのは わかっているけど。。。。












          

prayer-Ⅲ


  


         PRAY FOR JAPAN。

         祈ること。

         信じてるってことを自分に宣言すること。

         日本は絶対に大丈夫です。

         いま、ワタシが祈っていること。









         

prayer-Ⅱ

蘆花公園-2



       一瞬間でもココロ穏やかなキモチが長続きすれば。

       直接の被災者ではない一都民に、今 できることは何なんだろう。
       どうせ何もできないのであれば、
       せめて、
       自分のことばっかり考えるのはやめませんか。
       と、
       鏡に映ったじぶんに言い聞かせてみる。









       

prayer





      
        祈りを届ける一枚が見つからなくて。

        TVをつければムネが痛くなり。

        不謹慎とは知りつつも
        あえてヨカッタサガシをするならば、
        この日をきっかけにきっと日本国が変わる。
        そうならなければならない程に東京も揺れた。
        ワタシ自身あの揺れを体感しなければ、
        あいかわらず政治に関してもひとのイタミに関しても疎いまま。
        世の中のコト、私事じゃないコトをあたりまえに考えるきっかけを
        与えてもらった。        

        何かが変わらなければいけない。

        日本も自分自身も。      
        

        

        

        

        

        

        

stream





           
            一週間は7回寝て起きると過ぎて行く。

            けど、どうしても7回起きた気がしない。
            












orthodox

ウメ-2



       3月にはいりました。       
       オーソドックスに梅でいきましょうと、
       1枚選んだ画像は、図らずも去年とおなじものだった。
       ヒトの感覚とはこうも変わらないものなのか。
       しょうがないから、少しイジってまたのっけました。